Hファクターの口コミと信頼度は?ファクタリングする前に

Hファクターはどんな会社?

「Hファクター」は診療報酬債権を専門的に扱うファクタリング会社です。

全国に診療報酬債権を扱うファクタリング会社はいくつかあるものの、診療報酬債権専門のファクタリング会社はかなり珍しいですね。

  • このHファクター、医療関係者や診療報酬債権を取り扱う以下の業種の方が取り扱い可能です。
    医師
    歯科医師
    調剤薬局
    介護事業者

つまり介護報酬や調剤報酬などでも診療報酬ファクタリングは可能ということです。

ではそのHファクターについて説明する前にファクタリングについて少し説明しておきます。

ファクタリングとは?

ここでファクタリングについてあまりご存知ない方に書いておきます。
もうすでにファクタリングについてご存知の方は読み飛ばしていただいても結構です。

ファクタリングとは何か月か先に支払われるはずの売掛金を手数料を払うことで先払いすることです。

本来であれば数か月先の支払い、でも今すぐほしい!そんな時にファクタリング会社がその売掛金を買い取ることで今すぐ現金を手に入れることができるんですね。

これが「ファクタリング」です。

ファクタリングには様々なメリットがあって、大きいのはスピードの速さです。
売掛金を今すぐ現金化したい人のほとんどは「今現金が欲しい」という人ですね。

ファクタリングはすぐに現金化できるのがメリットで、早ければ即日、遅くても一週間ほどで完了します。

また、これ以外にもファクタリングは様々なメリットがあり、例えば銀行などの信用情報に影響しません。

これはどういうことかというと、ファクタリングは借り入れではないため、信用情報に借り入れ情報が載らないのです。

これは銀行との取引がある人にとってはうれしいことといえるでしょう、なにせ銀行は他行からの借り入れを嫌がります。

また契約内容によっては融資を引き揚げられるリスクもあるからです。

このようにファクタリングは様々なメリットがあり資金調達が簡単にできるなことで法人も最近は積極的にファクタリングを利用する会社が増えてきています。

そしてこのファクタリングのメリットを最大に生かせるのが医療機関や介護事業者、調剤薬局などの診療報酬債権を使った医療報酬ファクタリングです。

Hファクターが専門とする診療報酬債権ファクタリングとは?

Hファクターが行うのはこの医療報酬債権を使ったファクタリングで、医療報酬を活用したファクタリングは通常のファクタリングと異なり、手数料が安く、審査も早いというメリットがあります。

ファクタリングのデメリットの一つとして手数料が高いことがあげられますが、通常のファクタリングが3%~8%程度の手数料が必要となるのに対して、診療報酬債権を使ったファクタリングは1.5~3%程度で済んでしまうのです。

これは診療報酬債権の特徴によって通常のファクタリングの半分程度の手数料で済むからです。

診療報酬債権は優良債権

一般のファクタリングの売掛金は基本的に支払い先は一般企業です。
大手なら問題ないのですが、売掛先の支払いは信用度が低い会社もあります。

そのような会社の売掛金を購入すると、中には支払いを拒んだり、トラブルに発展するケースもあります。
当然そうなるとファクタリング会社の中には大損、場合によっては倒産してしまう会社もあります。

そのためにファクタリングは契約において手数料を高く設定しなければいけないのです。

しかし、診療報酬債権は売掛金の支払い先は国有企業であり、国が資本先です。
当然支払いが遅れる、支払い先が倒産という心配は一切ないために絶対的に安全な債権として扱われます。

そのため診療報酬債権は手数料が安いのです。

診療報酬債権を扱える業種

診療報酬債権はどの業種の人でもできるわけではありません、ファクタリングそのものはどの業種でも基本的に利用可能ですが、レセプトを使ったファクタリングは一部の人しか利用できないのです。

  • 医師
  • 歯科医師
  • 介護施設
  • 薬剤師(調剤薬局)

そしてこの診療報酬債権を行ってるのがHファクターです。

Hファクターの特徴

一般のファクタリング会社はファクタリングの手数料の高い一般の売掛金を主に取り扱っています。

ファクタリングの契約方法によっては手数料が10%~40%になる場合もあります。
しかし、手数料が高いということは企業の倒産リスクを高めるので場合によってはファクタリング会社も危険になる時があります。

つまりファクタリング会社はリスクと隣り合わせということです。
しかし、Hファクターの場合はどうでしょうか?
Hファクターは一般のファクタリングで使用する売掛債権は扱っていません、あくまで診療報酬債権のみの取り扱いです。

つまり絶対的に安全な債権のみを扱うファクタリング会社ということです。

一般のファクタリング会社は手数料の高く、ハイリスクな売掛金を扱うのに対してHファクターは利益は少ないものの、安定した確実に収益の入る方法を選択しています。
そのため以下に述べるように手数料が安いのです。

Hファクターの手数料は?

Hファクターの手数料は業界でもトップクラスの手数料の安さで大口の場合0.95%からとなっており、大口以外でも1.5%からの手数料です。
これはかなり安い手数料で業界でも安いと言われる他のファクタリング会社と比べてもはるかに安い手数料といえます。

一般的にファクタリング会社の手数料は1.5%で最安と言われます。
しかし実際には1.5%の手数料が適用されることはほとんどありません。

Hファクターの場合倒産リスクがなく、安定した安全債権を扱うことで手数料がここまで安く抑えられるのです。

一般のファクタリング会社は診療報酬債権を扱わないのは手数料が安く、利幅が少ないためであるのに対して安全に安く長期間利用できるのがHファクターの魅力、安心感といえます。

ファクタリングにおいては会社の信頼度は絶対必要な条件でもあり、Hファクターはこの条件をしっかりクリアしてるということです。

Hファクターの口コミがこちら

開業当初から付き合いのある銀行に融資を依頼したところ、融資を断られました。
理由は病院の格付けが下がったとのことですが、税理士にも確認したところ今の状況では他の銀行も難しいとのことだったので、

和解金は思ったより大きく、今手元にあるお金だけでは足りず、ファクタリングを利用してみました。
正直なところファクタリングに関してはあまり良いイメージがなかったのですが、いざ使ってみると資金調達が速くて助かりました。

Hファクターはファクタリング会社としてどうなのか?

一般的なファクタリング会社と違い他のファクタリングができないものの、診療報酬債権専門というだけあって診療報酬でファクタリングをする場合はHファクターはおすすめのファクタリング会社といえます。

様々な診療報酬債権を扱ってきた安心感や億単位の資金調達も可能な資金繰りの安全性、なにより診療報酬債権しか扱わないため経営が安定してるというのも選ぶ基準として重要な要素といえます。

そして手数料の安さもやはりメリットの一つ。

一般的なファクタリング会社の半分程度の手数料でファクタリングができるのはやはり経営者目線でみるとうれしいものです。

ファクタリングをしようとしても手数料が意外と高くなってしまいファクタリングをあきらめたという話もよく聞きますが、Hファクターに関しては手数料が安いのでそういった心配が少ないのもHファクターが選ばれてる理由の一つといえます。

Hファクターの総評

Hファクターは手数料は安く、審査もスムーズというメリットが多いファクタリング会社です。医療報酬専門なので医療法人や介護報酬を取り扱う業種以外の方は利用できないというデメリットがあるものの、もし医療関係者で診療報酬債権をファクタリングするならまずはここを選びたい会社だと思います。

診療報酬債権専門のファクタリング会社ということで診療報酬債権の取り扱いにも慣れてるのでそういう面でも信頼がおけますね。