1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫債権を販売する「ファクタリング」のメリット

債権を販売する「ファクタリング」のメリット

ファクタリングをすることによる注意やリスクといったマイナス面ばかり書いていましたが、債権の販売は経済産業省も推奨してる資金調達の方法であり、
もちろんファクタリングをすることによるメリットはたくさんあります。

海外では債権の売買はBtoBではよく利用されるのはそれだけ利便性が高く、メリットも多いからです。

日本の場合、どうしても不動産至上主義のように不動産しか担保にならないというイメージが定着しており、経済産業省もこのことを問題とみており、債権を販売することで不動産などを所有してない経営者ももっと手軽に資金が調達できるように推進しています。

その債権の販売の代表といえるのがファクタリングであり、今回はファクタリングに関するメリットなどについて書いていきたいと思います。

ファクタリングはちゃんとした業者と出会えれば手数料も安く、気軽に手速く資金調達が可能となるのでファクタリングのメリットをしって活用してください。

債権を販売することで得るメリットとは?

債権を販売することはメリットとデメリットを持ち合わせた資金調達法です。
ポイントは融資ではないことで、これにより銀行やビジネスローンなどといった資金調達とは異なるということです。

つまりお金を借りるわけではなく、債権を手数料を払うことで売り、お金を早く手元に入れ、キャッシュフローを良くすることです。
適切に使えば様々なビジネス展開ができることから海外ではファクタリングは非常に良く使用されています。

以下のファクタリングのメリットデメリットについてしっかり見て、利用をするかどうか検討してみましょう。

資金調達が速い

ファクタリングの特徴はその資金調達の速さです。銀行などで融資を依頼した場合と比べてはるかに早く、ファクタリングの契約方法によっては数日、最短では即日なども資金が調達が出来ます。
意外なほどあっさり手に入るので驚く方も多いのです、

審査が通りやすい

これもファクタリングの特徴といえますが、審査が通りやすいのファクタリングのメリットでしょう、売掛債権さえあればだれでも利用でき、さらに審査は9割程度の人が受かるので銀行などで融資が難しかった人にもファクタリングが選ばれる理由の一つです。
また税金の滞納や消費者金融などの借り入れでブラックリストに入ってしまってる人でも利用可能です。

担保や不動産がなくてもOK

基本的にファクタリングは不動産担保がない方でも利用できます。
また保証人が必要ないので探す必要がありません。経済産業省がファクタリングを推奨してるというのはこの資金調達が簡単にそして不動産や保証人を必要とせず、売掛金さえあれば誰でも利用できるということです。

銀行などの信用情報に影響しない

銀行と取引をしてる方などは、他の銀行やクレジットカードなどの利用をすることで取引先の銀行から借り入れ状況がばれて取引に影響することを気にされてる方も多いのですが、実はファクタリングは売買契約であり、融資の契約ではないので信用情報に影響することはありません。

ファクタリングのデメリットは?

ここまでファクタリングのメリットをまとめてみましたが、
もちろんファクタリングを利用することでデメリットもあります。

会社の資産である売掛金を売るということででてくるデメリットもあるのです。

債権額すべてを買い取れるわけではない

仮に売掛金が1000万円あったとしても全額ファクタリング会社が買い取ってくれるわけではありません。
なので思っていたよりも調達資金がすくなかったという場合もあります。

手数料が高い

やはり銀行などの融資を比べるとファクタリングの手数料は高くなってしまいます。
銀行からの融資で資金が調達できるのであればそちらの方を検討した方が費用は安く済みます。
特に2社間ファクタリングなどファクタリングの契約方法によっては手数料が債権額の30%となることもあります。
そうなると当然本来入ってくるはずの会社の売り上げが30%引かれた状態になるのです。

通常の会社であれば売り上げの30%がなくなってしまうと経営にかなり響きます。
このように今すぐ資金が手に入るからといって、利益が大きく減ってしまうこともあるのでファクタリングを利用する場合は慎重に検討しないといけません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。