1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ファクタリングの契約不正は詐欺罪となるので要注意

ファクタリングの契約不正は詐欺罪となるので要注意

実はファクタリングで詐欺被害にあうのは、ファクタリング会社を利用した人だけではありません。

ファクタリング会社も詐欺被害にあうことがあるのです。

実はファクタリングを利用した人が詐欺罪になるケースもあり注意が必要です。

知らず知らずのうちにあなた自身も詐欺や横領などの犯罪罪を冒してしまうこともあるのでこれだけはやらないように注意してくださいということをまとめました。

同じ債権を複数の業者に売ると詐欺罪になる

よくあるのはファクタリングを利用する会社が複数のファクタリング業者に債権を売ってしまうことです。

普通に考えて「間違った」「忘れてた」ということはあり得ませんので意図的にやることは誰の目にも明らかです。

これは「詐欺罪」に問われる可能性があるので絶対にやってはいけません。

ここまではファクタリング業者についての注意喚起を書いてきましたが、場合によってはあなた自身が詐欺罪に問われることがあります。

これは意外と多いのですが、2社間ファクタリングなどの場合は、相手に債権者の変更を伝えずにファクタリング契約と業者とファクタリング希望者の2社間で行うために「ファクタリング業者は他のファクタリング業者と契約してるのはわからないだろう」と一つの売掛債権を別々の業者に売ってしまうことがあります。

3社間ファクタリングの場合は売掛先に承諾を得てからファクタリング契約をするので、債権が2重に譲渡されることはないのですが、
2社間の場合はこれが可能となるのでファクタリング業者としては弁護士や司法書士などを通じて、公正証書で取り交わすことがあります。
(これも2社間取引は手数料が高い理由なのです)

その時点で不正がばれることも多く万が一そうなると会社の資金繰りどころか詐欺未遂など刑事事件に発展するので、絶対にやってはいけません。

「知らなかった」では済まないのでご注意ください。

売掛先からのお金を使いこんだら横領罪

またこれもよくあるのですが、2社間ファクタリングの場合、一旦は入金がファクタリングを申し込みした会社に入金されます。

これは2社間ファクタリングの特徴である、相手先にファクタリングの利用をわからないためにするためですが、この時に一度は手元にお金が入ることになり、結果としてお金を使いこんでしまうケースです。

「もともと俺のお金だし」「ちょっとくらいはいいだろう」

という心理が少なからず起こってしまいます。

普段通りお金が入ってくるので気持ちはわかりますが、この入金されたお金はあくまでファクタリング会社のお金です。

もうファクタリング契約を業者と交わした時点で、その債権は利用した会社の債権ではなく、ファクタリング会社の債権になります。

なので使ってしまった場合、業務上横領罪などに問われる可能性があります。

このためファクタリング会社は2社間ファクタリングにおいては利用する会社の信頼性もかなり重視しているのです。

ファクタリングは基本的にブラックリストでも資金調達できますが、2社間ファクタリングの場合はこのようなトラブルを防ぐことから、売掛先だけでなく、利用会社の代表のブラックリストの有無や税金の滞納、人としての人間性も審査するのです。

いつもの入金ではなく、あくまでファクタリング会社のお金を預かってる形になります。
もし使いこんでしまった場合はこれもやはり刑事事件に発展する恐れがあるのでご注意ください。

ファクタリング会社を擁護するわけではないのですが、やはりファクタリング会社をだまそうとする人もいるのでファクタリング会社としても様々な対策、そしてリスクを抱えるがための速い回収のための手数料を設定してるわけです。

このようにファクタリングは双方の信頼で成り立ってる部分もあり、下手なことをすると以外に重い罰則が待ってることもあるのでご注意ください。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。