1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫税金の滞納があってもファクタリングってできる?

税金の滞納があってもファクタリングってできる?

「税金の滞納があってもファクタリングは利用できるのでしょうか?」

銀行の融資を受けようとしたところ、税金の未納があり、それを払わないと新規融資は難しいといわれました。

消費者金融などで借りることも考えましたが、できることなら消費者金融で借り入れは今後の銀行との付き合いのためにも避けたいです。

しかしファクタリングを利用する場合、税金の滞納があると利用できないという意見と税金の滞納があってもOKという話を聞きます。

どちらが正しいのでしょうか?

確かに税金の滞納があると契約はしないというファクタリング会社は比較的多くあります。

しかし一方で税金の滞納がOKというファクタリング会社も多いのは事実です。

ファクタリングの場合、債権そのものに問題なければ資金調達OKというファクタリング会社もあります。

というのもファクタリングは銀行などの融資と違うのは審査の際に重要とされるポイントが異なるからです。

銀行の場合はその会社の借り入れ状況や回収可能かどうか?ということなどを重視しますがファクタリングの場合あまりこれは重要視されないからです。

もちろん人柄などもファクタリングの審査の際に見られますが、

ファクタリングの審査で重要とされるのは「債権つまり売掛金の質」です。

売掛金が問題なければファクタリング契約を実行する会社も多いのは事実です。

これによって手数料の高さなどが決まってきます。

ちなみにファクタリングにおいては消費者金融などのブラックリストに載っていてもOKという会社が多いのはこのためです(厳密にはブラックリストというリストは存在せず、滞納などの情報が掲載されてるだけなのですが)

ファクタリングは原則的にファクタリングを利用する会社の審査はそこまで重要視されません。※2社間ファクタリングの場合は会社の信頼度や借り入れは重要視されます

ただし税金の滞納OKという会社でも場合によっては難しい場合があります。

それは「税金の額」です。

税金の滞納の状況にもよりますが税金の額が1000万円を超えると税務署から国税庁に管轄がうつるためにこれを嫌がるファクタリング会社も多いのです。

ご存知の方も多いと思いますが、税務署と国税庁では回収の徹底度が全く違います。

国税庁は容赦なく何でも差し押さえできてしまうのでファクタリング会社としてもそこまで税金の滞納を放置してる会社などは取引したくないというのが本音です。

なので税金の滞納OKという会社でも滞納の金額によっては取引が難しいということがあることは意識しておきましょう。

ただ、一応ですが、1000万円を超えていてもOKというファクタリング会社も確かに存在します。

ファクタリング会社も昔の金融業とほとんど同じで、回収さえできれば取引そのものは何も問題ないという会社も存在するからです。

手数料は高くなることが多い

もちろん、税金の滞納がある場合は当然手数料は非常に高くなると思っておく方がいいと思います。

当然ですがリスクが高ければ高いほど手数料は高くなる傾向があり、ファクタリング会社も他でなかなか借りれないことを分かった上でそれなりの手数料を請求する場合があります。

契約そのものも不利な契約を結ばされることもあり得るので、この辺については目の前の資金調達に左右されず、しっかり今後のことも考えた契約を結んでおきましょう。

ちなみに、この質問に関して、経験上言えるのですが、税金の滞納があり、しかも従業員のボーナスなどの支払いで融資を申し込みしたいということですが、今後銀行の格付けが下がってしまってる可能性もあるので今後の融資は難しいかもしれません。

銀行の●●したら融資を検討します、というのはあくまで検討であり、あてにしてるといざ融資を期待して何週間もまったのに審査でダメということにもなりかねません(最近は申し込み前に言われることが多いのですが)

厳しいかもしれませんが、銀行は金融庁の信用格付けによって格付けを決めており、それに沿って融資するかどうかを決めています。

したがって事業計画書をちゃんとしたものを格付けが下がってしまうとダメということも多いのです。

 

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。